パフォーマンスを向上させる脳の鍛え方


■2017年1月27日に東京商工会議所新年会の講演会で、スポーツドクターである辻氏の「スポーツ心理学から学ぶマネジメント」~個人と組織のパフォーマンス向上に向けて~をお聞きした。以下はそのレポート。

●スポーツにおいても日常の仕事においても、最大化したパフォーマンスを上げる最もコアな手法は、脳を鍛えること。

脳を鍛える方法:フローな状態をつくること

①フローとは:心の状況をととのえることであり、心のありようは、「ゆらがず、とらわれず」過去や未来にとらわれず、今を生きる。フォローとは、ご機嫌な状態。Flow do it. フローな状態でいることは、中庸な精神状態にいることである、正しい判断ができることになり、自分の心を自分できめることであり、言い訳や文句や愚痴と対極にあるモノである。

②思考のルーティーン対行動のルーティーン ⅰPDCAは、行動のルーティーン。過去や未来にこだわっている。

③思考のルーティーンにより、自分の心を整える(脳内で)=ライフスキル

ライフスキルを習慣化し、フローな状態を創ることで、パフォーマンスを向上させることができる

ⅰ「今に生きる」と考える(と考え、リセットする)

ⅱ笑顔を大切にする、と考える

ⅲ一生懸命を楽しむ、と考える

ⅳ好きを考える(アルファー波が出る)

ⅴありがたいと考える

ⅵ夢を考える ●仕事・企業に関して

ホワイト企業になるには? ①働き甲斐、幸せ、社会貢献

②健康であることが重要

ⅰ個人タフネス⇒増進・トレーニング    心を鍛える=脳を鍛える=ライフスキルの習慣化

                全体(共有

       (自立)個人               関係(信頼

③エクセレントなチーム・フローな組織

 「指示」×「支援」⇒パフォーマンス(この2つのバランスにより、最大化する)

ⅰ自立とは:自己責任

ⅱ「何を」×「どんな心で」(フロー)

ⅲ企業のシステム⇒「指示」×【支援】

*周りのパフォーマンスを引き出す

 指示⇒内容:なにを       ×             パフォーマンス:2つのバランスが良いとき、素晴らしいパフォーマンス

 支援⇒心の状態

**支援力とは:自分が機嫌が良いこと(フローな状況)、禅嗜好の発動を促す働きかけ(信じる)、コーチ力というライフスキル

***コーチ力というライフスキル

 ・わかってあげる姿勢

 ・(結果より変化)変化とは、可能性や変化

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

(有)藤寿建築設計事務所 / T 0422-33-2088 / F 0433-26-4156 / miyumiyucold@yahoo.co.jp / © 1980 touju architecture