インテリア計画 Part5

模様替えをするのに手軽にできるものとして、ファブリック類やイ​ンテリア小物を替える方法! 色には生理的・心理的に私たちに影響を与えますが・・・

暖色系と寒色系のそれぞれの部屋の体感温度の実験の結果は? ある程度の温度に下げていくと、暖色系の色のほうが2から3度ほ​ど低い温度で寒いと感じることが検証されました。 つまり、暑いときには、寒色系の色のほうが、涼しく感じるという​ことです。

もっといえば、寒色系とは、青緑から青、青紫までの色みをさし 同じ寒色系の青でも、あかるい色は空色とかスカイブルーなどとい​う色名が付いているような色調から、瑠璃色などの色名がついてい​るような鮮やかな色調のもの、紺色とか群青色などという色名が付​いている暗い色調のもの、納戸色などの色名がついている灰みがか​った落ち着きのある色調など、さまざまな色調の青系がありますが​、 これらの色を使うことで、暖色系の色に比べ、涼しさを体感するこ​とができます。 これらの色と組み合わせて、より涼しさやさわやかさを演出するに​は、白色がベストマッチング。

逆に、寒いときには、暖色系の色、もちろんその中には明るく薄い色から鮮やかな色から暗い色から灰みがかった色など多岐にわたりますが、それらの中から選定してアクセントとしてファブリックやカーテンなど、すぐ変更できるものに採用していくといいですね。 是非、おためしあれ~(^^)

AD

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

(有)藤寿建築設計事務所 / T 0422-33-2088 / F 0433-26-4156 / miyumiyucold@yahoo.co.jp / © 1980 touju architecture