一条工務店様女性マネージャー研修での講演

最近、企業様からの講演依頼が増えています。 21世紀の新たな顧客価値について、経済産業省が、感性価値創造の提言をされました。つまり、今までの機能性優先の価値軸を感性の価値軸をもって、商品開発やマーケティング戦略をすることで、次世代の日本の優位性の構築に期待しましょう。ということだと思います。 そんな時代の背景もあり、私が研究しております、カラーマーケティング(感性マーケティング)の必要性を意識されるようになってきたように感じております。... たとえば、ただ単純に商品を作り、東京や地方の中心地などのデパートで展示会を開いても、根本的なところに変化がない限り、より良い結果を得ることはできないでしょう。 日 本の伝統工芸にしても、昔ながらを継承するだけでは、なかなか難しいのではないでしょうか?現在と生きていく、伝統も時代とともに進化していくことで、現 代人に受け入れられると思います。素晴らしい技術をやめてしまうのではなく、デザインや色、素材感を意識して、時代に合ったテイストのモノを作ることが重 要な視点だと思っています。 企業イメージも重要です。企業イメージは、その企業は訴求している様々なもの、たとえば、企業のマークから始 まって、店舗のイメージ、社員の制服、封筒、ホームページ、挨拶状などなど、ありとあらゆる企業発信のモノに、その企業イメージを消費者は影響されてい る、というか認識しているのです。昔から成功している企業のイメージ戦略は、徹底しています。 私の研究するカラーマーケティングは、環境~建造物~商品イメージ~企業イメージ~店舗イメージなどに関して、あらゆる分野において、有効な戦略を可能にすることが出来るモノです。 これから、一層の研究にまい進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします(^^)

20131021一条工務店講演.jpg

Featured Posts
Recent Posts