【カラーマーケティング戦略の重要性】


最近、手掛けている様々な物件のうち、ある会社社長さんとの打ち合わせの折、「最近の店舗や施設など、コンセプトやターゲットに沿って、ビジュアルイメー ジ(カラーマーケティングの一部)をトータルで具現化するところが、あまりないように思う。お宅の会社にお願いすれば、そうしていただけるのです が・・・」とその社長がおっしゃいました。 素人目に見てそう感じられるのだとしたら、実際そうなのかもしれない。出来る限りどう把握しどのようにそれを表現しているのかをプレゼンすることは、相手が素人であるゆえに、重要なポイントとなることが多いように思います。 店舗や施設だけに限らず、住宅においてもターゲットは、施主様であり、コンセプトは、その施主様がどんなライフスタイルを志向され、インテリアや身の回り のモノやコトに対してどのような嗜好性があるのかをしっかり把握して、コンサルティング&コーディネートを考えていくことがとても重要なことだと思ってい ます。 単純な認識だけでは、十人十色の嗜好姓を把握することは難しいですね。そういう意味では、住宅がビジュアルイメージ戦略をもっともすべてを凝縮したものかもしれません。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

(有)藤寿建築設計事務所 / T 0422-33-2088 / F 0433-26-4156 / miyumiyucold@yahoo.co.jp / © 1980 touju architecture